ピル効果/避妊ニキビ更年期PMSに積極的にアプローチします

ピル効果

 

 ピルの効果をまだ、他人の体験談でしか知らない多くの女性に伝えたいです。それはサクラでもなんでもなく紛れも無く、ピルの効果の「体験談」でご自身も一歩踏み出してみたら「体験」出来ます。

 

私の年の離れた姉も更年期の治療にとピルを処方されました。幸いにも副作用らしい副作用も出なくて。

 

相性の良いピルに初めから出会えたらしく、4シート目に入る辺りから殆ど更年期の辛さを口にしなくなりました。あれほど、のぼせや情緒不安定を起こしてた姉の体調が安定した時は驚きました。

 

そんなに良い効果を体感できるならと、ちょっと更年期に対する不安が減少しました♪私たちの母も更年期の際は、大変そうでしたからねぇ。

 

 

対処法が有る事を知っただけで、何だか穏やかに年を取れる気がする。後、何年後かに自分も通るであろう更年期って道がずっと不安だったからね。

 

そうは言っても、ピルを今から飲んでおいて損は無さそうだったので、私も少し?前から飲み始めました(もう7シート目になるのかな。)服用目的は色々ですね。

 

気持ち人より重めな生理痛の軽減とPMSの軽減と、ニキビも何とかしたいという思いも有って。幸いにもピルは私にも合ってくれて。久しく「生理痛」ってのを忘れてます。

 

おかげ様で「ピルの効果」を毎月実感させて頂いてます。因みにピルには3相性と1相性とあり、私は先生の勧めも有ったので、3相性を選択しました。

 

女性のホルモン変化に最も近い作りになってるんだそうですね。実薬の21錠のホルモン含有量を3段階に巧みに変化させナチュラルなホルモン変動に導いてるんだそうです。

 

と言いつつ、排卵もストップさせて避妊の効果も有るんだからすごいですよね。でも生理は来る??って不思議だったんだけど。休薬中に起こる出血って「消退出血」っていうものらしいね。

 

不思議に思う部分も有るけど、ピルの効果は存分に感じられてます。引き続き相性の良いピルと上手に付き合っていきます。

 

相性の良いピルで効果を発揮させ快適に生活したい方はこちらで詳細を確認できます

 

ピル値段

 

 ピルの値段って他の市販薬等から比べたら、やっぱ気持ち、高く感じますよね。気軽に薬局で
買えるかってと、そんな気軽な物でも無いし。

 

ちゃんと勉強してから服用しないとリスクも伴う薬です。でも、産婦人科でしっかり勉強してピルを処方してもらっても決して常識を外れた金額を請求されることは有りません。

 

折角、相応の金額を出して服用するのだから、誤った認識でリスクの伴うような飲み方は避けましょう。そうならない為にもしっかり受診してピルを学んでください。

 

避妊目的等の場合、確かに保険適応外なのですが、昨今のピルの値段の相場は、平均的に3千円〜5千円とされてますね。もちろん、此処には診察代を含みます。

 

ピル処方に伴い、患者本人が特別希望しない限り、通常は内診も必要なく、問診・採血・血圧測定の判断材料に基づき医師が判断します。

 

ピル処方に必要な情報を得て、別段、問題が無ければ、後はピルを選びます。ピルの値段自体は、それほど大差ありませんので、ピルの性質等、しっかり説明を受けた上で検討しましょう。

 

病院によっては先生が判断して選んでくれる所も有るみたいですね。因みに私は相談に乗って頂きながら自分でチョイスしました。

 

 

初回こそ、診察代等含まれて5千円近く支払いが発生しましたが、2度目からはピルの処方のみですので安く済んでます。

 

いつも3千円弱ですね。

 

けど、そろそろ通院から通販に切り替えても支障が無いと思うので、次に行った時に先生に相談して問題なければ通販に切り替えようかと思ってます。

 

まとめ買いなんかも可能みたいだし、ピルの値段も気持ち抑えられるみたいだし。でも、ピルに慣れてない皆さんは決して真似しないで下さいね。何シートか重ねて慣れてきたら先生に相談して、問題ないと判断されてから、便利な通販を利用して頂きたいと思います。

 

 

ピルは値段で選ぶのではなく相性の良さで選びましょう、そして医師への相談もしておきましょう

 

ピル通販

 

 ピルの通販って本当に便利で、且つお得ですよね。前頁でも述べましたが、慣れてきて、問題なく通販を利用できる方はお得に買い物をして頂けたらと思います。

 

ピルの種類によってはピルの効果はそのまま、且つ安価での快適な買い物も可能なジェネリックの扱いも有ります。

 

便利な通販を利用する際は、支払方法や受け取り方法、規約等を熟読の上、購入を検討しましょう。

 

個人輸入ですので注文から発送まで、相応の時間を要する事を考慮に入れて、お買い物して頂くのが良いかと思います。凡そ1週間から10日は要しますので少し余裕持って注文を入れておくと良いでしょう。

 

 

ピルは飲み忘れ等があると、避妊効果が薄れてしまいます。予定より早くピルが着く分には支障有りませんので早めにお買い物する事をお勧めします。

 

仮に、何らかの理由でピルが予定日に届かない、或いは受取が出来なくて、休薬期間を超過してしまった場合は、仕切り直しで対応しましょう。当然ですが、その間は避妊効果は失われてますので、しっかりと避妊対策を取ってください。そして次の生理を確認してから服用を再開しましょう。

 

通院から通販に切り替える時は、こういった点も考慮して早めの買い物をお勧めします。また、問題なく通販を利用出来ていても、目立った副作用が感じられなくても、年に二回の血液検査は必ず実施してください。血栓症等を未然に防ぐのに重要な意味が有ります。過信は禁物です。

 

ピルを長く服用する上でのルールとして、年に二回の血液検査の実施は守りましょう。

 

 

いつでも相談できる先生との信頼関係を大事に維持しながらピルを通販で購入してみましょう

 

ピル合わない

 

 いざピルを始めたけどピルが合わないと感じた事有りませんか?改良はされてますが、人によっては
やはり、ホルモン環境の変化に体が驚いて副作用を感じる事が有ります。

 

 

飲み始め、最初の数日間に感じる代表的な不快感として、吐き気・頭痛・腹痛等となってます。出来るなら避けて通りたい症状ばかりですよね。けれど程度は極軽く、仕事にも支障が無い事が殆どです。

 

身体にピルが合わない場合の症状は、また、もう少し深刻な物になって来ます。

 

服用後2時間以内に戻してしまったり、下痢をしてしまったり、足が攣ったり、我慢できない頭痛に襲われたり。

 

このように強い症状が出たり、或いは、実際に吐くまで行かなくても、1シート服用しきっても、まだ頑固な吐き気等が続く場合も、やはり速やかに医師に相談して、ピルの種類を変えて貰うと良いかもしれません。例え一回目で合わなくても諦める必要はありません。

 

ただ、合う合わない以前の問題で禁忌を逸脱してない事は最低条件となります。

 

35歳以上で喫煙1日15本以上の状態でピルの服用は非常に危険です。重い副作用も当然出る事が
予想できます。禁忌を逸脱した状態で服用を続ければ、例え種類を変えても強い副作用は避ける
事が出来ません。

 

受診せず、直に通販などを利用してピルの服用を始めたという方は、一度受診して、禁忌に該当しないか等、含めて、服用方法等、しっかり指導してもらう事をお勧めします。喫煙以外にも禁忌の項目は幾つかあります。該当しないか確認しましょう。

 

 

ピルが合わないと諦めてしまう前に先生に相談してみたり、少し様子をみましょう

 

ピル飲み忘れ

 

 ピルの効果は非常に優れた物ですが、ピルを飲み忘れてしまうと、様々なリスクが一気に高くなってしまいます。ただ、飲み忘れから12時間以内ならセーフとされてます。

 

避妊の効果もしっかり保たれ、不正出血等のトラブルも免れるのですが。24時間以上忘れてしまった場合は色んなリスクが高くなります。

 

24時間後にピルの飲み忘れに気付いた時点で出来る事は、前日に飲むはずだったピルと本日飲むピル。計2錠を同時に服用します。念の為に性交時はコンドーム等、別の避妊法を併用してください。

 

若しくは完全リセットで、一旦、服用を止めて、残りのシートを捨てて次の生理を確認後服用を再開するという方法もあります。いずれもピルによる避妊効果は期待せず必ず別の避妊措置を講じて下さい。

 

また、24時間の飲み忘れに気付き、同時に服用する際も、二錠同時に飲めば良いのなら、昨日飲み忘れたピルじゃなくて次の日のピルを飲んじゃえ!といった飛ばし飲みは厳禁です。

 

1相性ピルは含有量が全て均一なので、この限りではありませんが。3相性の場合は、順序を厳守して服用してください。飲み間違えと同じ条件が揃ってしまえばホルモンのバランスも崩れやすくなります。

 

 

或いは稀だと思いますが、すり抜け排卵等起こる可能性も否定できません。

 

飲み忘れを防止するには、毎日の習慣に関連付けて、なるべく同じ時間に服用するようにしましょう。

 

朝の歯磨きの後、就寝前、いつでも良いです。任意の確実に忘れない時間に服用しましょう。

 

 

ピルの飲み忘れ対応も、しっかり心得た上で便利に通販を使いこなして頂ければと思います

 

ピル排卵

 

 ピルは排卵を抑える事で妊娠を回避します。もちろん、他のホルモンにも働きかけて妊娠を回避してるのですが。ピルにより排卵を制御する事で避妊は勿論、卵巣を休ませる効果も有ります。

 

 

ただ、24時間以上の飲み忘れ等ですり抜け排卵等も充分に起こりうる事です。そのタイミングでの避妊しない性交は予期せぬ妊娠に繋がります。

 

心当たりが有り、且つ休薬中の消退出血が確認できない場合は、迷わず産婦人科を受診しましょう。

 

さて、ピルを飲んでる限り排卵が無いのに毎月、出血が起きるのも不思議な感じですが。7日間のピル休薬中に起こる出血は無排卵月経になります。(ピルユーザーさんには消退出血と言った方が馴染があるでしょうか)

 

では、この消退出血が起こる仕組みを説明したいと思います。低用量ピルの服用を、21日間で止めて22日目から7日間の休薬に入りますよね。

 

するとピルで補ってた黄体ホルモンが当然ながら入ってこないので減少していきます。一定の所まで黄体ホルモンが減少すると子宮内膜の支えが無くなり出血が始まります。

 

ピルを服用して排卵を制御する事により、子宮体がん等のリスクを抑えるとも言われてます。

 

何故子宮体がんのリスクを抑える役目が有るのかと言いますと、そもそも子宮体がんの原因は卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスが崩れ、卵黄ホルモンが過剰に出て黄体ホルモンが少なくなってしまった時に発生しやすくなると言われてるのですが、そこで注目されるのがピルの効能です。

 

ピルは一定の黄体ホルモンを維持してくれますので子宮体がんの発生を抑えてくれます。

 

 

ピルと排卵と生理の正しい知識を身に着け、正しい服用を続けられる方は、こちらの詳細を確認ください

 

ピル便秘

 

 ピルの効果は様々、一方で程度は人にもよりますが、副作用的な物が報告されてるのは確かです。
副作用の内容も様々ですね。軽度の頭痛・倦怠感・吐き気を挙げる方が殆どです。

 

けれどピルで便秘になったという人も確かに居るのが現状です。因みに様々な副作用が挙げられてますが打開策は特別な方法で有る必要はありません。

 

特に先に挙げた頭痛・倦怠感・吐き気等は、見ただけで引いてしまう辛そうな症状ですが程度はごく軽く日常生活に支障を起こす事は有りません。別段、症状を軽減させる為の薬を飲む必要もありません。

 

 

とは言え、便秘となると、しんどいですよね。お勧めは、やはり月並みの事を申しますが、適度な水分補給と運動と食物繊維ですね。限界まで我慢する必要もないかと思いますが出来るだけ便秘薬の使用は避けて頂きたいのが心情です。

 

いよいよ便秘薬でないとダメだ!という時は、ピル服用後から4時間を空けてください。ピルの吸収が終了する前に排出現象が起こるのを防ぐ為です。

 

因みに、何故、ピルで便秘という現象が起きる人には起きるのか、調べてみました。ピルのエストロゲンの影響が自律神経に及ぶ為です。

 

この自律神経って乱れてしまうと不快な症状が様々に起こるんですよね。便秘は勿論なんですが、便秘と言うか消化器系統に不快な症状が出やすくなったり、立ちくらみ等が起きたり精神面の方でも些細な事でイライラが募ったりで、不快な症状が多岐に亘ります。余りに辛い時は医師に相談してみて下さい。

 

必ずしもピルで便秘に成る訳ではありません、構え過ぎずピルとの良好な関係を築きましょう