ピル効果/避妊ニキビ更年期PMSに積極的にアプローチします

ピル副作用

 

 ピルの副作用は多岐に亘ると言われてます。けれど一方で、別段、処置も必要としない程、程度は軽いとも言われてますね。勿論、その副作用の所為で生活の質が下がるような事態も起こりません。

 

副作用の主な内容は、吐き気・イライラ・のぼせ・ほてり・頭痛・めまい等が起こるとされてますが。

 

これ等の副作用の症状を全く感じない人も大勢います。仮に、起きても程度も軽く、長くは続きません。皆さん、2〜3日で副作用の症状から解放されてます。

 

仮に、これ等の副作用を感じたとしても、不快症状を軽減させる方法は、しっかり確立されてます。

 

例えば就寝前に服用する・市販の酔い止めを併用する等が主な対処法です。これ等は数日で気にならなくなるので、それほど心配は要らないのですが。

 

仮に順調に服用を続けていて突然起こる激しい胸痛、頭痛、足が突然痛み赤くなってる等の症状が現れましたら直ぐにピルの服用を中止して医療機関を受診してください。

 

 

もしも激しい胸痛・頭痛があるような緊急性が高い場合は即、医療機関受診しましょう。直ちに治療しないと、場合によっては後遺症が残ったり重篤な状態に陥ります。

 

ただ血栓症の症状が出てしまってからでは、一人で全て対応するのは難しいかもしれません。

 

意識障害等、万が一出てしまった時の為にも、前もって周りの人たちにピルを服用してる事を伝えておくと良いですね。

 

これ等の重篤な副作用を未然に防ぐには、やはり、しっかり受診して禁忌に該当がないか断定してもらう事が重要と思います。

 

ピルの副作用は軽く、誰もがクリアー出来る問題ですのでしっかり服用し効果を実感しましょう