ピル効果/避妊ニキビ更年期PMSに積極的にアプローチします

ピル生理

 

 ピルで生理が楽になるって聞いた事ないですか?個人差はあると思いますが、確実に、ピルの効果で生理時の不快症状が軽減されると思います。

 

ピルは生理不順や生理痛を改善する効果が有りますが、正確に言うと、生理と言う表現は正しくないんですよね。ピルを飲み切った後の休薬期間中に起こる出血は「消退出血」と言われてるものです。

 

何故、敢えてこのような表現をするのかと言いますと、ピルが身体に入ると、まず、卵胞に働きかけ排卵しようとするのを阻みます。

 

通常の生理は普通に排卵され、精子と出会う機会がなく、妊娠が成立しなかった時、要らなくなった内膜が剥がれ落ち体外に排出される。というのが通常の生理の仕組みになるわけですが。

 

主に、避妊目的として服用されることが多いピルは、まず根本的に排卵を抑え込むことから始めます。

 

排卵が無ければ精子が入って来ても出会える「相手」が居ないので妊娠が成立する筈も無く、この時点で既に「避妊」が成立するわけですが。

 

古くなった内膜は剥がす必要が有りますので、休薬期間に入ると、黄体ホルモン・卵胞ホルモン共に減少させ、普通の生理と同じ状態に近いホルモン環境に持っていき出血を起こします。この条件下で起きる出血を「消退出血」と呼んでいます。

 

 

この働きで避妊は勿論ですが、卵巣を休ませる事で生理不順が改善したり、内膜が過剰に厚くなりすぎるのを防ぐことで、出血の際の痛みも軽減してくれます。

 

内膜が厚くなりすぎると、剥がれ落ちる際、子宮の収縮が強くなってしまいます。適度な厚さに保つことで生理痛に軽減にも繋がります。ピルはこのように、本当に色んな面で優れております。

 

一方で、色々と飲み方にもルールが有ったりしますので、医師から正しい服用方法等指導を受けた上で
熟知・納得した上で快適なピルライフを送って頂きたいと思います。

 

ピルで生理不順や重い生理痛等を改善して快適に過ごしましょう